トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > わきが治療 保険適用

わきが治療 保険適用

わきがを手術する場合、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。かなり高額な費用がかかることは、サイトや病院のチラシなどを確認すると分かります。どうしてそんなにかかるのかというと、わきが手術は保険の適用外の治療になるからです。けれど、一部では保険が適用される手術を行っている病院もあります。それは、切除法や切開剪除法のような手術で、この場合大きく皮膚を切開するようです。このような手術の場合は、保険適用になっているクリニックがあります。

ただし、どのクリニックでも保険適用になるわけではなく、保険の効かないところもあります。手術を検討する前に、よく調べておいたほうがいいでしょう。わきがの治療には、2種類の方法があり、自費治療と保険適用治療とがあります。保険が効くか効かないかでは、総治療費の負担金額が大きく違ってきます。

たとえば、保険適用で切開剪除法でわきが手術を行った場合には、3万円~5万円かかります。しかし、保険適応外の場合ですと、25万円~30万近くかかるようです。全額負担と3割負担では、負担金額の差はここまで違います。けれど、どうして同じわきが手術で病院によって保険事情が違うのかというと、わきがの手術は、生活に支障があるというよりも、わきがなのを悩んでいるために治療するという性格があり、どうしてもわきが治療専門の美容外科クリニックなどは、自由診療となってしまうようです。

病院によって保険が効く・効かないがあると、保険適用の病院や手術法を選択したくなります。少しでも費用は安くすませたいものです。しかし保険適用外のわきが治療専門のクリニックの場合は、専門だけあって、手術や治療の経験が豊富で、治療効果も高いというメリットがあります。その点を考えると、費用だけで判断せずに、自分に合う病院で、自分に合う治療法を受けてみるほうがいいでしょう。

今日のお勧め記事 ⇒ わきがの手術は大学病院では保険適用

大学病院などの総合病院の形成外科でも、わきが手術を受けることができます。その場合は、保険の適用になるようです。保険が効くので、必然的に自費診療の病院よりも費用はお安くなります。