トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > わきがの手術は大学病院では保険適用

わきがの手術は大学病院では保険適用

大学病院などの総合病院の形成外科でも、わきが手術を受けることができます。その場合は、保険の適用になるようです。保険が効くので、必然的に自費診療の病院よりも費用はお安くなります。

しかし、総合病院の形成外科では、専門的にわきがの治療を行っているわけではないためか、手術前のカウセリングの際、わきがと誤診してしまい、要らない手術をする例もあるとか。精神的に臭いと気に病んで、手術を必要としない軽症の人でも、手術を受けることになることもあるようです。

この点を考慮すると、大学病院などではなく、わきが専門のクリニックで診断を受けるほうがいいのではないでしょうか。

たとえば、最初にわきが専門のクリニックなどでカウンセリングを受け、わきがの診断が下り、手術が必要となったときに、保険が適用される大学病院などで手術を行う方法があります。

今日のお勧め記事 ⇒ わきが治療方法「超音波法」「ボトックス治療法」

わきがの治療法の中に、超音波を使ったものがあります。これは、わきが治療の最先端の手術療法となります。まず、わきの下の皮膚を数ミリ切開し、その部分に超音波を発生させる器具を挿入します。そして、超音波を使って、わきがの元となる皮脂腺やアポクリン腺、エクリン汗腺を破砕して取り除いていきます。