トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > わきが手術後の傷跡

わきが手術後の傷跡

わきが手術の後に、体質によっては傷跡が残る場合や、腕の痛みが生じる場合があります。根本的にわきがを治す手術では、わきの下の皮膚を切除し縫合します。そのため、どうしても手術後は傷跡が残ってしまいます。しかし、手術後の経過は個人差があります。

人によっては傷跡の種類も異なり、特殊な体質でない限りは痕は白くなり、だんだんと薄くなっていくでしょう。あまり目立たなくなります。けれど、ケロイドになりやすい体質の人は要注意です。数が月にわたり痛みやかゆみを伴って、赤く腫れてしまいます。その上、ケロイドの症状が重い体質の人は、手術後の傷跡が広がってしまうこともあるようです。

傷跡が治りにくい体質もありますから、手術のやり方や傷跡のことについては、事前にカウンセリングをきちんと受けて、疑問や心配な部分を解消させておきましょう。自分が納得するまで医師と話し合うことが重要です。では、わきが手術の傷跡の化膿を防ぐには、どのようなケアが必要でしょうか。

わきが手術後に、傷跡が化膿してしまう原因は、メスを入れた部分に細菌が侵入してしまったことが考えられます。細菌が侵入することで、皮膚に膿などの液体がたまりやすくなり、患部の皮膚がダメージを受けます。そのような状態になると、傷跡が治りにくくなるようです。手術後に化膿させないためには、お風呂に入るときなどに患部を濡らさないようにすること。汗をかいても濡れてしまうので、汗をかかないように気をつけます。わき毛処理をすることも細菌が入りやすくなります。できれば、わきが手術の直後などは、処理を控えましょう。手術前には、わきの下を丁寧に洗い、清潔にしておき、化膿を防ぎましょう。

今日のお勧め記事 ⇒ 消臭で行うわきが対策

もしも、軽度のわきがの人で、ちょっと臭いが気になるけれど、普通に生活が送れるなら、消臭剤を使用することでわきが対策が行えます。最近では、消臭に関しての化学も進歩して、臭いの元凶を無臭の成分に変える消臭剤も販売されているとか。また、悪臭の元の分子の成分を包み込むことで、臭いを断ち切る消臭剤もあります。効果の高い消臭剤を選べば、臭いは気にならなくなるでしょう。