トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > わきが手術「皮下組織吸引法」「超音波治療法」

わきが手術「皮下組織吸引法」「超音波治療法」

わきがの手術にはいろいろな方法があります。ここでは、皮下組織吸引法と超音波治療法について説明しましょう。皮下組織吸引法とは、エステティックなどでお馴染みの脂肪吸引のダイエット法を応用した、わきがの治療手術です。

わきの下を約0.5センチ切開します。そして、掃除機のような吸引機を用いて、そこにストローのような金属の棒を挿し込みます。それで、アポクリン汗腺などをかきとりつつ吸引していきます。しかし、この皮下組織吸引法は、アポクリン汗腺を目で確認しながら吸引できないので、全部のアポクリン汗腺を取り除くことはできないようです。また、他の切開手術に比べても効果は低いという欠点もあります。ただ、傷跡が小さく目立ちにくいというメリットもあります。切開部分も小さいので、手術後の回復も早いようです。皮下組織吸引法は、ほかの切開手術に比べると費用も安くなっています。

次に、超音波治療法は、わきが手術の中でも最先端の技術として注目を集めている治療法です。わきの下を数ミリ切開して、超音波を発生するハンドピースという器具を挿し込みます。そして、超音波で汗腺を破壊していき吸引します。超音波治療法は、最先端技術の治療法ですので行えるクリニックも少ないようです。また、機器も高く、必然的に治療費も高くなっています。

それに、超音波治療法に慣れていない医師が行うと、火傷することもあるそうです。ですから、信頼のおける医師のに手術をお願いしてもらいたいですね。事前にカウンセリングはしっかりと行います。この超音波治療法は、後遺症の心配が少なく傷跡も小さいところがメリット。両わきでも、30分程で終る手術時間も嬉しい点です。

今日のお勧め記事 ⇒ わきが手術「PMR法」「切除法」

わきがの手術法である、PMR法と切開法について説明しましょう。東京女子医科大学の若松信吾教授グループと、スキンクリニックの石井良典氏との共同開発によってできた手法が、PMR法というわきが手術法です。これは、わきの下に組織を取りやすくする効果も併せ持つ麻酔を打ち、2種類の器具を用いて汗腺組織を吸いだしていきます。