トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > わきが手術「PMR法」「切除法」

わきが手術「PMR法」「切除法」

わきがの手術法である、PMR法と切開法について説明しましょう。東京女子医科大学の若松信吾教授グループと、スキンクリニックの石井良典氏との共同開発によってできた手法が、PMR法というわきが手術法です。これは、わきの下に組織を取りやすくする効果も併せ持つ麻酔を打ち、2種類の器具を用いて汗腺組織を吸いだしていきます。

最後に、特殊な器具で汗腺組組織の取り残しがないかをチェックしますから、わきがの治療効果が高い手法として知られています。また、日本で主に行われているわきがの手術の中でも、PMP法は一番傷が小さいと言われていて、大学病院でも確実な治療効果を得られる手術として注目されています。それに、身体の負担も少なく、日帰り手術で回復が早いことも、PMRの特徴です。ほかにも、わき毛の永久脱毛効果や多汗症も改善されますから、わきがの悩みだけでなく、わき毛や多汗症に悩んでいる人にもオススメです。わきが手術の中でも、切除法は最も古い手術法ですが、現在ではほとんど行っていないようです、それは、なぜでしょうか。

切除法とは、わきの毛の生えている皮膚すべてを切り取ります。わきがの元となるすべてのアポクリン汗腺や皮脂腺、エクリン汗腺わき毛を取り除きます。全部取ってしまうから効果は期待できますが、デメリットもいくつかあるようです。わきの皮膚を切り取って縫合する手術ですから、わきの下に大きな傷跡ができますし、わきの下がひきつる、腕がむくむなどの後遺症が残ることもあります。

ひどい場合は、運動障害などの後遺症が残る例もあるそうでなので、受ける前はカウンセリングを充分に受ける必要があります。わきが手術を受けるクリニックで、もしも切除法をすすめられたときには、切除法のメリットとデメリットを納得いくまで確認しましょう。そして、アフターケアについてもきちんと話し合っておきましょう。

今日のお勧め記事 ⇒ わきがの体質について

わきが症とは病気ではなく、人間の体質からなるものです。人間は誰でも、その人自身の体臭があります。それが、独特のわきが臭なのが、わきが体質の人なのです。人によっては、気にならない臭いだったり、鼻をつまみたくなるような臭いの人もいます。わきが体質でも、個人差がありますから、治療を要するものかどうかは、わきがの症状と本人の意思で決められるでしょう。