トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > わきが手術「切開剪除法」「皮下組織削除法」

わきが手術「切開剪除法」「皮下組織削除法」

わきが手術の一つである切開剪除法について説明しましょう。この切開剪除法とは、わきの下を切って皮膚をひっくり返します。そして、直視しながらアポクリン汗腺を、直接取り除く手術方法です。直接目で確認しながらアポクリン汗腺を排除しますから、取り残しの恐れも少ないでしょう。それゆえ、わきが治療の中でも効果が高い手術法と言われています。

けれど、この手術方法の欠点は、わきの下に切れ目を入れるので傷跡が必ず残ること。それに、アポクリン汗腺は皮膚に近い場所にあるので、きれいに排除するには医師の腕が重要となります。ですから、切開剪除法の手術を行う場合は、事前に医師の技術を確認しておくことが大切です。また、切開剪除法はアポクリン汗腺だけ取り除く手術なので、多汗症の症状もある人は、他の手法の方が同時に治せていいでしょう。

次に、皮下組織削除法について説明しましょう。皮下組織削除法とは、わきの下を約1センチ切開して、特殊なローラーと剃刀のような器具で皮膚をはさみこみます。そして、皮下組織を動かしながら削除していく手法です。この手術では、皮下組織にあるエクリン汗腺やアポクリン汗腺、皮脂腺のすべてを排除することができます。もちろん、器具を使う医師の技量も必要ですから、この器具を使い慣れている医師に施術してもらいましょう。特殊な器具ですから、技術や経験が必要です。

この手術による傷跡は、小さくてすみますが、ローラーで皮下組織をすべて排除しますから皮膚が薄くなります。皮膚が薄くなると色素沈着しやすいので、入院が必要となるデメリットも。けれど、皮下組織削除法は、エクリン汗腺まで排除できますから、わきが治療の効果は高いと言えるでしょう。また、多汗症の人も同時に治療することができます。わき毛もある程度残すことができますから、男性にもオススメの手術法です。自分のわきがの症状を把握して、自分に合う手法で受けるようにしましょう。

今日のお勧め記事 ⇒ 多汗症とわきが

多汗症は、わきがとは違います。多汗症とは、汗の分泌量が多いことを言います。アポクリン汗腺も含めた汗です。多汗症の症状は、2種類に分けることができます。特殊な病気の症状である場合と、もう一つは精神的な多汗症で、ことらは治療の必要がありません。