トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > 5種類あるわきがの手術方法

5種類あるわきがの手術方法

わきがの手術はいろいろなやり方がありますが、大きく分けて5種類の手術法があります。そこで、簡単にですが、手術法についての説明をしましょう。1.[切除法]汗腺や毛根、皮脂腺を切り取って、縫合する手術方法です。昔は、ほとんどがこの切除法が行われていましたが、再発することもあり、現在ではほとんど行われていません。

2.[削除法]皮膚の一部を切り取る手術です。そして、その切り取った部分に器具を挿入して、汗腺と皮脂腺を排除します。3.[剪除法]皮膚を約3センチ切り、アポクリン汗腺を取り除きます。この手術法の良い点は、肉眼でで確認しながら行えるところです。汗腺を残さず地理覗けるので、剪除法はほかの手術よりも効果が一番高いそうです。

4.[吸引法]わきの下を数ミリ切開します。その部分に器具を挿入し、汗腺を吸引します。5.[超音波法]これは、皮膚に穴を開け、超音波を発生する器具を挿入します。そして、超音波で汗腺を破砕し吸引します。上記のように、わきがの手術にはいろいろな方法があります。わきが手術を行うときには、事前にカウセリングをきちんと受けて、自分の症状に合った手術法や治療方法を選択するようにしましょう。

また、自宅でわきがの臭い対策ができます。みょうばんを消臭剤として簡単に臭い消しができます。昔から、みょうばんは食品添加物として使われていて、安全で比較的安価で買えます。みょうばんの消臭効果も昔から知られていて、古くからわきがの民間療法として使われていました。消臭効果だけでなく、肌を引き締めて、汗を抑える作用もあるとか。お店に行くと、みょうばんは粉状で売られていることが多いようですが、水に粉を入れて溶かして使います。みょうばんの消臭効果をわきがに活用してみてください。臭いも気にならなくなりますよ。

今日のお勧め記事 ⇒ わきが治療 病院

病院でわきがの治療を行う場合、以下の点に気をつけてください。治療を受ける前に、よく調べてから始めるようにしましょう。