トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > わきが手術のリスクと副作用

わきが手術のリスクと副作用

わきがに悩む人にとって、手術をして原因となる汗腺などを取り除けば、わきがの臭いがなくなり、悩みも解決します。けれど、手術ですからもちろんリスクや副作用(傷跡など)もあります。わきがの対処法としては、サプリメントや薬などを摂取したり、制汗剤を使用したり、清潔にするなどがあります。けれど、それらは一時的な対処法ですから、また臭いはしてきます。わきがを根本的に治す唯一の方法が手術になります。

わきが治療の手術の基本は、原因となるアポクリン汗腺を取り除くことです。しかし、わきがの手術は、メスを使って皮膚を切開することが多いので、傷跡が残ったり、再発、合併症、後遺症などのリスクや副作用がつきまといます。けれど、医学の進歩によって、最近では再発や後遺症の心配も少なくなってきています。手術法によっては、ほとんど傷跡が残らないものも多いそうです。わきがの手術に抵抗を感じていた人も、最近の手術事情を知ると、手術という治療法も検討してみてはどうですか。

軽度から中度のわきがの症状の人でしたら、よりリスクの少ない方法、たとえば吸引法や超音波法の手術方法などを選択するといいのではないでしょうか。大きな傷を残したくない人にとっては、これらの方法がオススメです。重症の人はリスクも高くなりますが、メスで切開する方法がより効果をあげます。

ただ、リスクを重視しすぎると、治療法の選択を間違えてしまいますから、主治医とよく相談して決めるようにしましょう。でないと、せっかく手術や治療をしても、思っていた効果が期待できなくなります。長年、悩んでいたわきがの治療については、きちんとカウンセリングを受けて、自分が納得できる方法で治療や手術を受けるようにしましょう。

今日のお勧め記事 ⇒ わきがの原因や要因

わきがの原因はなんでしょうか。わきが特有のきつい臭いの原因は、汗によるものです。汗といっても、出てくる汗腺の違いによって、汗の性質も違ってきます。ワキの下には、3つの分泌腺である、アポクリン汗腺、皮脂腺、エクリン汗腺があります。エクリン汗腺から出る汗は、暑いときや運動したときにかく汗です。この汗で体温調整をするため、必要な汗ですね。この汗は、水分が99%、塩分が1%となっていて、粘り気がなくさらっとしています。