トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > わきが治療方法「超音波法」「ボトックス治療法」

わきが治療方法「超音波法」「ボトックス治療法」

わきがの治療法の中に、超音波を使ったものがあります。これは、わきが治療の最先端の手術療法となります。まず、わきの下の皮膚を数ミリ切開し、その部分に超音波を発生させる器具を挿入します。そして、超音波を使って、わきがの元となる皮脂腺やアポクリン腺、エクリン汗腺を破砕して取り除いていきます。

今までのわきが治療の手術よりも、超音波法のほうが切開する範囲が小さいため、傷跡も残りにくいメリットがあります。切開部分が小さいため、身体への負担も最小限に抑えることができます。施術時間も短く、多忙な人にもおすすめです。また、周囲に気づかれずに治療を行いたい人にとっても、術後の回復も早いためオススメの治療法でしょう。

従来のわきがの治療手術は、皮膚の下の組織を毛根まで取り除くやり方をしていましたが、この超音波法はわき毛を残すこともできます。ですから、男性の人も気にせず受けることができます。手術を受ける前には、カウンセリングを受け専門医ともよく話し合っておくことが大切です。わきが治療では、ボトックス注射を注入する治療法もあります。この治療法は、多汗症の治療にも行われます。

ボトックス治療とは、ボツリヌス菌が作る毒素を使った薬を注射で注入します。その毒素が、エクリン汗腺の活動を停止させてくれますから、多汗症の治療にも効果があります。ただ、わきがの臭いの原因となるのは、エクリン汗腺ではなくアポクリン汗腺ですので、重度のわきがの人にとっては、効果があまりないでしょう。さらに、3ヶ月から6ヶ月ほどしか効果が持続しませんので、再度治療を受ける必要が出てきます。ボトックス注射で汗を抑えることは可能でも、アポクリン汗腺の活動が変わらないため、臭いは残ります。軽度のわきがの人や、わきがのほかに多汗症がある人、また、メスを使ってわきを切開する手術に抵抗がある人は試してみてはいかがでしょう。

今日のお勧め記事 ⇒ わきが手術のリスクと副作用

わきがに悩む人にとって、手術をして原因となる汗腺などを取り除けば、わきがの臭いがなくなり、悩みも解決します。けれど、手術ですからもちろんリスクや副作用(傷跡など)もあります。わきがの対処法としては、サプリメントや薬などを摂取したり、制汗剤を使用したり、清潔にするなどがあります。けれど、それらは一時的な対処法ですから、また臭いはしてきます。わきがを根本的に治す唯一の方法が手術になります。