トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > わきが治療の内服薬とレーザーシェーピング

わきが治療の内服薬とレーザーシェーピング

わきがの薬物療法といえば、主に制汗剤などの外用薬となります。病院によっては、相談すれば内服薬を処方してくれるところもあるそうです。この処方される内服薬とは、全身の発汗を抑えてくれる薬となります。けれど、涙や唾液などの体液も同時に抑える副作用があるため、わきがの治療としてはあまり適さない薬と言えるでしょう。

精神的なことで多汗となり、わきがを引き起こしている場合には、精神内定剤などのほうが効果的です。けれど、これも眠気やだるさなどの副作用の心配もありますから、服用後には運転ができなかったり、仕事や勉強にも集中できないデメリットがあります。外用薬や内服薬も、薬を使っても一時的にわきがの症状を抑えているだけですから、根本的に治すには、やはり手術療法を受けるのが一番でしょう。

わきがの治療法の一つ、レーザーシェーピング治療を紹介します。この治療法は、わきがの原因となるアポクリン汗線を、小さく切開し、的確に取り除く手術療法です。わきがの治療法には、いろいろな種類がありますが、このレーザーシェーピング療法は傷跡が小さいので、わきを出しても恥ずかしくないため女性に人気の治療法です。

まず、レーザーで汗腺を燃焼して破壊させて、吸引しやすくさせます。それからわきの下を約4ミリ切開し、そこにシェーピング治療器を挿入して、確実に汗腺を取り除きます。切開部位がとても小さいので、ほとんど傷跡も目立たないでしょう。しかも、臭いや汗の原因であるアポクリン汗線がしっかりと除去されるので効果大です。皮膚の合併症も起こりにくい安全なわきが手術。手術について疑問があれば、直接クリニックに問い合わせしてみてください。

今日のお勧め記事 ⇒ わきがの手術は大学病院では保険適用

大学病院などの総合病院の形成外科でも、わきが手術を受けることができます。その場合は、保険の適用になるようです。保険が効くので、必然的に自費診療の病院よりも費用はお安くなります。