トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > わきがの自己診断

わきがの自己診断

もしかして勘違いしている人がいるかもしれませんが、わきがはうつる病気ではありません。わきがの人とタオルを共用しても、洋服を貸し借りしても、うつることはあり得ませんので安心してください。これは、わきがの原因についての知識があれば勘違いすることもないこと。わきがの原因は、わきの下にあるアポクリン汗線から分泌される汗です。わきがになるのは体質的なものらしく、体組織の一部分が原因だとも言われています。ですから、水虫や風邪のような感染症と違い、触れても絶対に感染することはありません。

わきがが発症しやすいのは、ホルモンの活動が活発になる思春期の頃だと言われています。もしかしたら、この時期に服の貸し借りをしたからだとかが、噂になってしまったのでは。わきがは感染症ではなく、体質や遺伝的なものだという認識をみんなが持つことで、このような偏見もなくなるのではないでしょうか。そこで、ここでは、わきがの自己診断方法を紹介します。

わきがの臭いは、知らないうちに周りの人に迷惑をかけていることがあります。自分がわきがかもしれないと分かれば、早めに臭いの予防を行うことができます。わきがの自己診断方法:わきにガーゼを挟んでください。そして、そのガーゼは密閉容器に入れておきます。その後、部屋の空気を入れ替え、一度部屋を出ます。再び部屋に入ったときに、さっきのガーゼの入っている容器を開けます。そして、また外に出て、4~5分後にまた部屋に入室します。そのときの部屋の臭いを調べてみましょう。部屋に入ったとたんに臭いがするのは、重度のわきがの人です。直接ガーゼに鼻を近づけると臭う程度ですと、中度のわきがでしょう。軽度の人の場合は、その程度でしたら、あまり臭いを感じないようです。

中度以上の人は、早めに医療機関でわきがを診てもらいましょう。治療を受けたり、予防策を検討したりして、周囲を気にしないで生活を送れるように願っています。

今日のお勧め記事 ⇒ 子供のわきが対策

ところで、子どもにはわきがの症状があるのでしょうか。子どもの場合は、わきがの元となるアポクリン汗腺自体が発達していないので、わきがの症状は出ないと思われていました。けれど、現代の子どもたちは昔の子どもたちよりも発達が早くなったようで、わきがの発症も低年齢化しているようです。なかには、小学生でもわきが症状が発生したというケースもあるそうです。わきがの発生率は、とくに女の子よりも男の子の方が高くなっているとか。