トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > 汗とわきがの臭い

汗とわきがの臭い

今回は、わきがの臭いと汗の関係について説明しましょう。わきがの人の近くにいると、その猛烈な臭いがたまりませんね。けれど、当のわきがの本人は、その強烈な臭いに気づいていないことが多いようです。それは、なぜでしょう。それは、わきがの本人は、鼻がその臭いに慣れてしまっているからのようです。自分が臭っていることに気づかないので、自分がわきがだことも知らない人も多くいるとか。たとえば、よそのお宅にお邪魔すると、玄関先でもその家独特の匂いを感じることがありますね。自分の家も、他人からみると何か匂いがするはずだけれど、自分では気づかないものです。それと同じ原理でしょう。

それに、周囲の人もわきがの臭いは気になるけれど、本人にわきがだと指摘しにくいものです。それで、余計に本人は自分がわきがだと気づかないでいるのです。もしも、臭いを感じる隣人がいたら、親しければ思い切って聞いてみてあげてください。気づかせてあげることも大切なことです。汗がわきがの原因となりますが、汗と一口に言っても、汗には良い汗と悪い汗があります。

良い汗とは、運動したときに出る、エクリン汗腺から発汗される汗です。この汗自体には匂いはありません。わずかに塩分を含んでいるので、しょっぱい感じです。この汗は、わきがの元となる雑菌の繁殖を抑えてくれる汗ですから、かけばかくほど、わきがには効果的でしょう。けれど、悪い汗というのは、ベタベタ感があり、ミネラルを含んでいます。さらに、雑菌も繁殖しやすいので、わきが特有の臭いを発散させます。

精神的な発汗による多汗症の人の汗は、、エクリン汗腺から出ているので良い汗です。しかし、ミネラルを含む悪い汗が出ることもあり、その場合、汗が嫌な臭いの原因になってしまいます。全部の汗が悪いわけではなく、わきがの原因になるわけではありません。良い汗と悪い汗があるということを知り、良い汗はたくさんかいてください。

今日のお勧め記事 ⇒ わきが手術「PMR法」「切除法」

わきがの手術法である、PMR法と切開法について説明しましょう。東京女子医科大学の若松信吾教授グループと、スキンクリニックの石井良典氏との共同開発によってできた手法が、PMR法というわきが手術法です。これは、わきの下に組織を取りやすくする効果も併せ持つ麻酔を打ち、2種類の器具を用いて汗腺組織を吸いだしていきます。