トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > 子供のわきが対策

子供のわきが対策

ところで、子どもにはわきがの症状があるのでしょうか。子どもの場合は、わきがの元となるアポクリン汗腺自体が発達していないので、わきがの症状は出ないと思われていました。けれど、現代の子どもたちは昔の子どもたちよりも発達が早くなったようで、わきがの発症も低年齢化しているようです。なかには、小学生でもわきが症状が発生したというケースもあるそうです。わきがの発生率は、とくに女の子よりも男の子の方が高くなっているとか。

小学校の高学年の子どもたちは、思春期の入り口にいて、異性の目やファッションなどが気になりはじめる時期です。さまざまなことに敏感に感じる時期ですから、わきがに対しても正しい知識を教えておく必要があります。子供のわきが対策は、毎日入浴することが一番大切です。子どもたちは、冬でも活発に動きますから、大人が思う以上にたくさん汗をかいています。

その汗をそのままにしておくと、雑菌が繁殖してしまい、わきがの臭いも強くなりますから、毎日お風呂に入って清潔を保つことが重要です。とくにわきの下は、殺菌成分の入った石鹸をスポンジを使って、よく泡立てからしっかり洗ってください。夏でもシャワーだけですまさないで、湯船につかり体を温めることも、わきが対策になります。

薬局などでは、菌の繁殖を防ぐ薬や制汗剤などもありますので、それらを使用して予防してもいいでしょう。また、小学生でも、わきがの手術を受けることはできます。ただ、手術法によって可能な手術と、受けられない手術があります。信頼できる専門医に相談して、充分にカウセリングを受けてから、手術の選択をしてあげてください。体のことで悩んでいる子どもにとって、ご両親が一番の理解者になってあげてください。

今日のお勧め記事 ⇒ わきがと遺伝

わきがは、なる人とならない人がいるように体質的なものと考えられています。病気のように、突然かかるわけではありません。もともとわきがの遺伝を持っている人がなるようです。ですから、わきがは遺伝すると考えられています。遺伝の中でも、わきがは優性遺伝と言われているため、遺伝しやすいようです。両親のどちらかが、わきがの場合、子どもにわきがが遺伝する可能性は、5割と言われています。それが、両親ともにわきがの場合だと、遺伝率は約8割にまで上がります。