トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > わきがと遺伝

わきがと遺伝

わきがは、なる人とならない人がいるように体質的なものと考えられています。病気のように、突然かかるわけではありません。もともとわきがの遺伝を持っている人がなるようです。ですから、わきがは遺伝すると考えられています。遺伝の中でも、わきがは優性遺伝と言われているため、遺伝しやすいようです。両親のどちらかが、わきがの場合、子どもにわきがが遺伝する可能性は、5割と言われています。それが、両親ともにわきがの場合だと、遺伝率は約8割にまで上がります。

遺伝のわきがが、発病するのには個人差があります。早い例だと、小学生ぐらいからでも、わきがの症状が出るそうです。なかには、20代後半から、という人もいますから、わきがの発症は本当にさまざまです。

もしも、親がわきがである人は、自分も遺伝してわきが体質になっている可能性が高いので、早め早めに予防や治療を行うようにしましょう。わきがは、男女どちらがなりやすいのでしょうか。わきがというと、どうしても中年男性をイメージしてしまいますが、実は女性のほうが、わきが体質なのだそうです。

男性よりも女性のほうが、わきがの元であるアポクリン汗腺の数が多いそうです。ホルモンの関係で、その汗腺の活動も活発な上、女性のほうが皮下脂肪が溜まりやすくなっています。その皮下脂肪が、アポクリン汗腺や皮脂腺を刺激しますので、わきがの原因の汗が出て、さらに汗腺も活性化されるのです。このような因果関係で、男性に比べると女性がわきがになりやすい体質なわけですね。女性は男性に比べて臭いにも敏感ですから、余計にわきが対策は必要ですよ。

今日のお勧め記事 ⇒ 5種類あるわきがの手術方法

わきがの手術はいろいろなやり方がありますが、大きく分けて5種類の手術法があります。そこで、簡単にですが、手術法についての説明をしましょう。1.[切除法]汗腺や毛根、皮脂腺を切り取って、縫合する手術方法です。昔は、ほとんどがこの切除法が行われていましたが、再発することもあり、現在ではほとんど行われていません。