トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > 多汗症とわきが

多汗症とわきが

多汗症は、わきがとは違います。多汗症とは、汗の分泌量が多いことを言います。アポクリン汗腺も含めた汗です。多汗症の症状は、2種類に分けることができます。特殊な病気の症状である場合と、もう一つは精神的な多汗症で、ことらは治療の必要がありません。

多汗症の定義は、1日に汗を何ミリリットル以上かく、という決まったものはありません。たとえば、緊張しやすい人は、手などによく汗をかきますね。また、肥満の人も、少し身体を動かしたりするだけでも汗をよくかきます。けれど、これらは生理現象の一つです。体にとっては、必要な汗というわけ。ですから、心配しなくても大丈夫です。男性は女性よりも汗かきの人が多いようです。これは、男性ホルモンには汗腺の機能を高める作用があり、発汗を促進するからです。多汗症はわきの下だけでなく、手足や顔にからも汗が分泌されます。それに、多汗症の人全員が、汗から臭いを発するわけではありません。

以下に、わきがのチェックポイントがあります。自分はわきがかどうか見てみましょう。当てはまる項目の多い人は、わきがの可能性があります。1.汗をかきやすいほうだ 2.どちらかと言うと、毛深い 3.ストレスがたまりやすい性質 4.脱いだ靴や靴下が臭い、気にしている 5.乾燥肌よりも、あぶら性だと思う 6.家族、とくに祖父母や親戚の中にわきが症の人がいる 7.野菜が嫌いで、肉類をよく食べる 8.お酒は好き。よくの飲むほうだ 9.油っぽいものを好んでよく食べる 10.洋服のわきの下が、黄ばんだことがある 11.香水などをたくさんつけるほう 12.湿った耳垢だ

わきがチェックはいかがでしたか。自分の臭いは、自分ではわからないもの。少しでもわきがの可能性があるなら、専門医に相談することをお勧めします。

今日のお勧め記事 ⇒ わきがの体質について

わきが症とは病気ではなく、人間の体質からなるものです。人間は誰でも、その人自身の体臭があります。それが、独特のわきが臭なのが、わきが体質の人なのです。人によっては、気にならない臭いだったり、鼻をつまみたくなるような臭いの人もいます。わきが体質でも、個人差がありますから、治療を要するものかどうかは、わきがの症状と本人の意思で決められるでしょう。