トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > わきがの予防方法

わきがの予防方法

最近の日本人の中には、わきがの臭いで悩んでいる人が多いようです。ここでは、予防について説明しましょう。動物性脂肪を多くとりすぎると、汗腺が太く大きくなり、皮脂腺の働きが活発になります。この皮脂腺から出る油脂成分が、アポクリン汗腺とエクリン汗腺を発達させるのです。それで、より強いわきがの臭いと汗の臭い発生させます。

欧米人の体臭が日本人より強いと言われていますが、その原因は、動物性脂肪の摂取量が多いことが挙げられます。その上、過剰にタンパク質をとりすぎると、多汗の原因にもなります。肝臓内でタンパク質が分解されるときに、他の栄養素の約5倍もの熱エネルギーが発生するそうです。この熱エネルギーが、汗の原因ともなります。ですから、肉類を控えることで、汗を臭いを予防することができるのです。

食生活を気をつけるだけでも、わきがの臭いが軽減します。これを機会に、食生活を見直してみませんか。臭いを抑えるために気をつけたい食生活。1.アルカリ性の食品を中心にとるようにしましょう。2.なるべく多くの種類の食品をとるよう心がけ、栄養のバランスを考えましょう。3.ナトリウム、カルシウム、カリウム、ミネラルを多く含む、緑黄色野菜や海草類をとるようにしましょう。4.食事は三食規則正しくとります。5.大食いは禁物。腹八分目にして、胃に負担をかけないようにします。6.できるだけ、刺激の強い香辛料を使ったものや、臭いの強い食品やなどは避けましょう。7.塩分と糖分は控えめに。8.良質の植物性脂肪をとるようにしましょう。

わきがの臭いを強くさせることがあるのは、以下の通りです。1.高タンパク、高脂肪の酸性食品や肉類、卵などを多くとり過ぎる。2.偏食で、好きなものばかり食べている。3.インスタント食品などの添加物を多く含んだ食品をよく食べる。4.不規則な食生活。5.早食いや大食いが得意。胃に負担をかけている。6.酒、タバコが好き。7.臭いの強い食品な香辛料など刺激物が大好き。塩分、糖分も多め。

今日のお勧め記事 ⇒ わきが治療 病院

病院でわきがの治療を行う場合、以下の点に気をつけてください。治療を受ける前に、よく調べてから始めるようにしましょう。