トップ わきが治療・手術について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

わきが治療・手術ガイド > わきがの原因や要因

わきがの原因や要因

わきがの原因はなんでしょうか。わきが特有のきつい臭いの原因は、汗によるものです。汗といっても、出てくる汗腺の違いによって、汗の性質も違ってきます。ワキの下には、3つの分泌腺である、アポクリン汗腺、皮脂腺、エクリン汗腺があります。エクリン汗腺から出る汗は、暑いときや運動したときにかく汗です。この汗で体温調整をするため、必要な汗ですね。この汗は、水分が99%、塩分が1%となっていて、粘り気がなくさらっとしています。

エクリン汗腺は、身体中に約230万個もあります。常時、汗を分泌していて、皮脂腺から出る皮脂と混ざり合わせ、皮膚をしっとりと乾燥から守ってくれています。エクリン汗腺からの汗は、かいた後、皮膚は弱酸性になり、常在菌の繁殖を抑制してくれる働きをもっています。この汗が、臭いの発生を抑えてくれるのです。

もう一つの、アポクリン汗腺は、わきの下や耳の中、性器の周辺、乳首のまわりなどの、特定の部位にあります。ここから出る汗は、脂肪、色素、鉄分、蛍光物質、アンモニアなどからできているため、粘り気を持っています。汗そのものは無臭ですが、この汗の成分を皮膚の常在菌が取り込んで分解するため、わきが独特の臭いが発生するのです。汗の色は乳白色なため、汗じみや黄バミができやすくなります。

このアポクリン汗腺から出る汗が、わきがの原因になるのです。皮脂腺とは、汗腺ではなく、全身の皮膚にある腺組織のことで、皮脂腺からは油脂成分を分泌しています。たくさん皮脂が出ると、脂肪分は細菌のエサになるそうです。細菌が増殖することで、臭いが発生することもあります。

今日のお勧め記事 ⇒ わきが手術「PMR法」「切除法」

わきがの手術法である、PMR法と切開法について説明しましょう。東京女子医科大学の若松信吾教授グループと、スキンクリニックの石井良典氏との共同開発によってできた手法が、PMR法というわきが手術法です。これは、わきの下に組織を取りやすくする効果も併せ持つ麻酔を打ち、2種類の器具を用いて汗腺組織を吸いだしていきます。